脱毛石鹸ジョモリーの口コミを集めた結果効果がないは嘘?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョモリー、ご存知ですか??

なんか凄い名前ですがジョモリーとは脱毛石鹸のことです。

ネットでもちょっと話題になっていますよね!私はネットでその存在を知りました。

そこで本当にジョモリーが効果なしのただの石鹸なのか、悪い口コミだけが広がっているのではないのか?などジョモリーの口コミをかき集めて検証していこうと思います。

脱毛石鹸ジョモリーとは?

脱毛石鹸ジョモリーはその名の通り、石鹸として使いながら脱毛が出来るという超画期的な石鹸です!

石鹸って元々は手とか体を洗うためのものなのですが、ジョモリーは使うと毛が生えてくるのを抑えつつ、表面に生えているムダ毛を溶かして細くしてくれるという効果を持っている石鹸になります。

ジョモリーには、抑毛効果+除毛効果に特化した成分を含んだ石鹸になるんです。”脱毛”って呼んでいるけど、正しくは”抑毛石鹸”ですね。

ジョモリーは、既に生えているムダ毛をなくしてくれるのではなく、太くてムダにしっかりした毛を成長しないように毛の成長を抑えることによってムダ毛が目立たなくなるというものです。

凄いですね、ジョモリー!

ジョモリーの効果 ここがすごい!

1 手軽に脱毛出来て効果がある!

ジョモリーはそのメカニズムから、”手軽に脱毛が出来る”というメリットがあります。

脱毛と言えば、カミソリを使ったりシェーバーを使ったり、サロンに通ったりと結構面倒くさいものなのです。

最近はサロンも安いんですけど、通うこと自体が億劫という方にもオススメできる石鹸ですね。

石鹸を使うだけで抑毛効果がある・・・凄いと思います。

本当、ストレス一切なく普通に毎日のお風呂で使うだけ。面倒くさがりな人とか、あまりコストをかけたくない人も注目の石鹸です!

2 顔の毛にも対応!

脱毛石鹸と聞くと、体だけかな?と思う人も多いと思います。実際私もそう思っていました。

ですが、ジョモリーの凄いところはカラダはもちろん、顔にも使うことが出来てしまうんですね!

ですので、全身石鹸として使えるんです。顔の産毛も何気に処理するのが面倒くさいので、こういった細かい部分にも対応してくれるのは嬉しいです。

これは勝手なイメージなのですが、顔のムダ毛は他の部位のムダ毛に比べると細く量も少なそう(なイメージ)なので、腕や脚よりも早くその恩恵を受けられそうです。

顔に使う場合も、適当にあわ立てていつもの洗顔と同じ要領で使うだけ。保湿成分入りなので洗いあがりも突っ張ることなく、しっとりサッパリです。

3 剛毛の人でも活用できる!

「いやいや、私の剛毛はこんな石鹸如きになんとかなるもんじゃないでしょ」と剛毛で諦めてしまうのは早いです!!

ジョモリーの凄いところは”剛毛の人でも活用できる”んです!!

ジョモリーに含まれているブロメラインは皮膚の角質を柔らかくしたり毛の成分を分解する役割を持っています。

ですので、剛毛の方でも問題なく使用することが出来るんですね。更に、ラレアディバリカタエキスは毛自体が再生するのを抑制してくれます、凄い成分なのです。

ただ、継続して使用しなければならないのが唯一のデメリットではありますが剛毛で悩んでいる人でも気軽に使える石鹸なので「剛毛だから・・・」と諦める前に一度使ってみてはいかがでしょうか。

ジョモリーはコスパの良い脱毛石鹸

ジョモリーはただの脱毛石鹸ではありません。実はジョモリー1つで色々ケアできてしまう石鹸で中々コスパが良い石鹸なのです。

”美容・保湿”・・・リンゴ果実エキス+ヒアルロン酸+プラセンタ配合。肌の保湿ケアも出来てしまいます!

”引き締め”・・・ユキノシタエキス+ドクダミエキス+チャ葉エキス配合。洗いながら全身を引き締める効果も持っています!

”消臭”・・・カキタンニン+ミョウバン+ベントナイト配合。夏場に嬉しい消臭成分もしっかり配合!

抑毛効果も期待できるジョモリーは、これ1つで色々ケアすることが出来る石鹸なのです。

ジョモリーは女性だけではなく男性も使える

ジョモリーはその効果やパッケージデザインでなんとなく女性による女性のための石鹸というイメージもあるのですが、実は男性も使える石鹸なのです。

男性が使う場合でも使い方は一緒!

①石鹸をよーーく泡立てて
②作った泡でもみこむように優しく洗います
③泡が残らないようにしっかりと洗い流します

これだけ!簡単3ステップですね。

ただ、男性は女性よりも毛が濃く太いことが多いので効果を実感するまでにそれなりの時間が掛かるかもしれません。継続して使用するようにしましょう。

ジョモリーは敏感肌の人でも安心

脱毛石鹸ってなんとなく強い石鹸っていうイメージがあります。

実際、強い石鹸は意外と多く使うとヒリヒリと痛む・・・という石鹸もあります。

ジョモリーの場合、他のボディ用洗浄剤と比較しても刺激が強い石鹸ではないんです。

ですので、敏感肌の方でも使用できるのですがもし「心配なんだけど・・・」という場合は肌の目立たない場所で使用してみて刺激がないかどうか確認してから続けて全身に使用してみましょう。

万が一、かぶれや赤みが出てきた場合は使用をやめましょう。

ジョモリーはVIOラインも処理できる!

ジョモリーは顔から脚まで全身に使える脱毛石鹸なのですが、VIOラインでも使用することは出来ます。

ただ、ジョモリーの場合デリケート専用の脱毛石鹸ではないので様子を見ながら使用することを強くオススメします。こちらも、万が一肌に赤みやかぶれ、かゆみなどが生じた場合は使用をやめましょう。

VIOラインは脱毛サロンに通って処理できる部位でもあるので、ジョモリーでVIOラインが処理できるのはやっぱりお手軽ですよね。

専用商品ではないのですが、使用は出来るということなので「ちょっと試しに・・・」という方にもオススメです。

ジョモリーの良い口コミ

口コミ1.
ジョモリー3個目を愛用中です。
元々毛は少ないのですが1本1本が太く濃いんで効果はあんまり期待してなかったんですけど、最近「あれ?」って感じで腕の毛が以前よりも若干薄くなってきたと感じました。やっぱり続けて初めて効果があるんですね(;´Д`)途中でやめなくて良かった。今では使って良かったって思える石鹸です。

口コミ2.
即効性はないけれど、二ヶ月くらい使ってやっと足(膝下)の毛が薄くなってきたように感じます。毛1本1本をしっかりと見たわけではないのですが、ジョモリーを使うようになってから無駄毛を処理する期間が明らかに伸びましたよ。冬くらいからジメジメ使い続ければよかったかな。

口コミ3.
毎日朝と夜(朝は顔だけです)使って思ったのは、肌の色がワントーン明るくなってきました。化粧ノリも良いですし、全身に使えるのは嬉しいですね!洗い上がりもしっとり~なんですけど、サッパリ!という感じが気に入ってます。普通の洗顔石鹸としても問題なく使えると思います♪ただ、洗顔後のケアは必須です♪

口コミ4.
全身に使っています。
顔の産毛は、1ヶ月ほどで効果が出てきました。今ではもう顔剃り必要ないくらい、といえば分かりやすいかな?
値段がもう少し安いと気兼ねなくワッシワシ使えるんですけどね!効果はあったのでまぁ良しとしましょう^^

口コミ5.
使って一週間が経過したので感想を。
先ず,効果らしい効果というのは残念ながらまだ出てきておりません,でも,香りも良いですし,今のところ肌のトラブルは一切無いので使いやすい石鹸です。ケアらしいケアをしなくても除毛が出来るのは助かりますね,ラクチンです。

ジョモリーの悪い口コミ

悪い口コミ1.
美肌成分って書かれてはいるけど、これ1つ使えばしっかり美肌になれるわけではない。ジョモリーを使って普段のケアは怠らずに行う必要はあります。肝心の脱毛効果ですが、今のところ特筆するような効果は出てきてません。もう少し継続して使い続ける必要がありますね。

悪い口コミ2.
効果は別に良いのですが、石鹸本体の金額が高いです。
最近は1コインで脱毛なんていうのもあるんで、そういうのを考えたらやっぱりちょっと高いかな?脱毛のほかにも消臭とか色々出来るのは良いんですけど、”石鹸”で考えるとちょっと高いです。

悪い口コミ3.
半年くらい使ってます。高いけど(笑)
ようやく、私の剛毛がうす~くなってきたかな。完全に抜けてるとかそういうんじゃないんですけど、色は薄くなりつつあります。もうちょっと早く効果が出てくれるものかと思ってただけに、少し時間が掛かって残念です。夏に向けて!!とか考える方は、この石鹸よりも脱毛サロンに行ったほうが良いかも。

脱毛石鹸ジョモリーの口コミを集めた結果効果がないは嘘? まとめ

ジョモリーは、抑毛のほかに美肌、消臭、引き締めといった様々な嬉しい効果を持つ石鹸になります。洗い上がりは突っ張ることはなく、しっとり。

保湿成分を配合しているので安心して使用できます。

デリケートゾーン専用ではないのですが、VIOラインにも使用できるため気軽にVIOラインのケアが出来るのもポイントです。
口コミは悪い口コミもありますが、使ってよかったという口コミや、洗顔石鹸として使える、顔の産毛は早いうちに効果が出てきたという口コミもありました。
ジョモリーは抑毛効果のある石鹸なのですが、継続して使用しなければ効果を感じられません。

ですので、即効性は無いのですが継続して使い続ければ毛が細く色が薄くなる、といった効果を実感出来ます。

即効性を求める方はジョモリーではなく脱毛サロンなどがオススメです。

SNSフォローボタン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加