いちご鼻 治し方の教科書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イチゴ鼻になる原因は?

A
毛穴がまるでイチゴのようにポツポツ目立つ鼻をイチゴ鼻と呼びます。このイチゴ鼻になってしまう原因は、毛穴詰まりが主な原因となります。

落としきれていないメイクなどの汚れや古い角質などが毛穴に詰まると角栓が出来てこれが酸化してしまうと毛穴が黒ずんできます。これがイチゴ鼻の原因と言われています。

いちご鼻

イチゴ鼻を治すためのポイント

気になるイチゴ鼻を治す為には先ず、毛穴の汚れをキレイにしてあげる必要があります。角栓が出来ない状況を作ることが大切です。

角栓は過剰に分泌された皮脂や、古い角質が原因で作られていくのでこの2つの原因を取り除くことによって毛穴に角栓ができにくい肌に整えることができて、最終的にはイチゴ鼻になりにくい肌にすることが出来ます。

いちご鼻は種類によって治し方が違う!

毛詰まりタイプのいちご鼻の治し方

毛穴が詰まってイチゴ鼻になってしまった!という方は、毛穴をキレイに出来るスキンケアを使うのがオススメです。

毛穴が詰まってイチゴに見える方は・・・ピンセットやコメドプッシャー、毛穴パックを使って毛穴に詰まった角栓を無理やり取るのはやめましょう。

というのも、角栓を無理やり押し出したり剥がしてしまうと毛穴周辺の皮膚を傷めてしまうだけではなく、今よりもっと毛穴が開いてしまい余計にでこぼこが目立つようになってしまうのです。

毛穴詰まりが原因でイチゴ鼻に見える方は、毛穴に特化したスキンケアを使ってみると効率もアップします。

ビーグレンの毛穴トライアルセットは天然のクレイ(泥)が詰まってしまった毛穴を優しくキレイにしてくれるだけではなく、汚れを取りきった後開いてしまった毛穴にCセラムで引き締めてくれます。


A
化粧水は皮膚の奥までしっかり浸透、ゲルで潤いをキープ!毛穴の詰まりに特化したスキンケア用品がこちらの毛穴ケアになります。

オイリー肌タイプのいちご鼻の治し方

Tゾーンがいっつもテカっている、夕方になると肌がとにかくアブラっぽい・・・という方のイチゴ鼻は恐らくオイリー肌タイプのイチゴ鼻である可能性大です!

皮脂は過剰に分泌すると毛穴を開いてしまい、更に溜まった角質や皮脂が酸化して黒ずんでいきます。オイリー肌タイプの方はいつも毛穴から皮脂が分泌されているので毛穴がいつも開いている状態に。

皮脂が過剰分泌される原因の一つに”乾燥”があります。

肌が「これ以上水分が蒸発しないように!」と皮脂を大量に分泌することがあるのです。こういう場合は、角質層までしっかりと潤いをキープさせてあげるとイチゴ鼻も解消することができます。

オイリー肌の方はついつい洗顔しすぎる傾向にあります。サッパリ系の洗顔料は洗浄力も強いので出来るだけ使わないようにすると安心です。

オイリー肌タイプのイチゴ鼻には、必要な皮脂は残すけど洗浄力もそこそこの洗顔料で浸透率や保湿力の高い化粧水、そしてバランスよく肌を整えてくれる保湿剤などがオススメです。

これを叶えてくれるオススメのスキンケアがビーグレンの毛穴ケア用スキンケアです。


A
適度な潤いをしっかり残してくれるクレイ洗顔料、皮脂バランスをしっかり整えてくれる美容液、高い浸透率を誇る化粧水、そして潤いを長い時間キープできるクリームがセットになっています。

開き毛穴タイプのいちご鼻の治し方

開き毛穴とは、その名の通り毛穴がいっつも開いている状態のことです。これがデコボコになりイチゴのように見えてしまうのがポイントです。

毛穴が開きっぱなしになってしまう理由はいくつかありますが、1つ目は”肌表面のターンオーバーが異常をきたしている”もう1つは”肌が老化して毛穴が変化した”というものになります。

毛穴は一度開いてしまうと完全に閉じるのは非常に難しいのが特徴です。

開き毛穴タイプのイチゴ鼻を治すためには、まず毛穴に詰まった汚れなどをゆっくりと優しくキレイにしてあげること、毛穴(肌)のターンオーバーを元に戻してあげること、角質層に潤いを持たせて肌のハリを出すこと、が一番の近道になります。

オススメのスキンケアは米肌になります。米肌ですが、医薬部外品の効能として唯一、肌の水分保持能を改善してくれる効果を許可された”ライスパワーNo11”が配合されています。

肌の水分をキープしてくれるスキンケアになるので、使っているうちに肌がプリプリとハリを取り戻します。

A
”乳酸Na”+”グリコシルトレハロース”を配合することによって肌のターンオーバーの正常化が期待できるのです。毛穴が開いて中々閉じない!乾燥が気になる!という方必見のスキンケアです。

メラニン蓄積タイプのいちご鼻の治し方

紫外線が原因でイチゴ鼻になってしまうことも。メラニン蓄積タイプのイチゴ鼻は、本来剥がれ落ちるはずのメラニンが残って黒ずんでみえるというのが原因です。

皮膚は通常28日周期でターンオーバーを繰り返すのですが、メラニン蓄積タイプのイチゴ鼻というのは1日2日で何とかできるものではないのも事実です。そこで、時間をかけてじっくりとイチゴ鼻を改善していく必要があります。

メラニン蓄積タイプのイチゴ鼻は、紫外線から徹底的に肌を守り、新しいメラニンを生成させないこと・メラニンの生成を抑えてくれるスキンケアを使って集中治療!そして毛穴のターンオーバーを整えてあげることが必要になります。

メラニンが蓄積されて黒ずんで見えるイチゴ鼻にオススメなのが、美白成分が入っている化粧品になります。

美白成分は色々ありますが、厚生労働省が認可した美白成分の医薬部外品はビタミンC誘導体、リノール酸、ハイドロキノン、プラセンタエキス、アルブチンなどなど。これらの成分は美白効果が期待できます。

そしてこのタイプにオススメなスキンケアがライスフォースです。


A
この中でも、化粧水・クリーム・美容液・美白美容液・日焼け止めがセットになっているのがオススメです。肌を整えてくれるほかにも美白効果も期待できます。美白成分には持続性ビタミンC誘導体が配合されています。

いちご鼻 治し方の教科書 まとめ

イチゴ鼻になってしまう原因は”毛穴の詰まり””オイリー肌””開きっぱなしの毛穴”など様々な原因があります。

それぞれ”イチゴ”の特徴が異なり、毛穴が詰まっている人は触るとザラザラしたり、オイリー肌の人はベタベタしたり、開きっぱなしの毛穴は黒ずんでいるという特徴があります。

イチゴ鼻を効率よく治すためには、自分がどのタイプのイチゴ鼻なのかしっかりチェックしておくことをオススメします。

A
イチゴ鼻には絶対NG行動というものがあります!

毛穴の詰まりを無理やり押し出す行為、そして過剰な洗顔をしたり脂取り紙の使いすぎはイチゴ鼻を悪化させてしまう恐れがあるので絶対にやってはいけません。

また毛穴パックなども肌表面の角質を落としてしまうだけではなく、乾燥を招く恐れがあり新たな肌のトラブルを引き起こしてしまいます。

A
イチゴ鼻は正しいスキンケアで確実に治すようにしましょう。
SNSフォローボタン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加